1. HOME
  2. サイネージあれこれ
  3. 「デジタルサイネージ」の検索はいつから始まった?Googleトレンドで調べてみた!
2018/03/01

「デジタルサイネージ」の検索はいつから始まった?Googleトレンドで調べてみた!

サイネージあれこれ
  • facebook
  • B!
  • 0
twitter
LINE
174 views
shutterstock_367791077

突然ですが、皆さんはGoogleトレンドをご存知でしょうか。

Googleトレンドは、今インターネット上で流行っているもの(調べられているモノやコト)を知るのにも役立つツールですが、検索の歴史を知ることも出来ます。
というわけで今回は、「デジタルサイネージ」がいつから調べられるようになったのか、どんな傾向にあるのかを、Googleトレンドで調べてみました。

いつから調べられ始めたのか?

まずは、「デジタルサイネージ」という言葉がいつから調べられ始めたのか?から調査していきましょう。
Googleトレンド(https://trends.google.co.jp )に「デジタルサイネージ」と入力します。
すると、このようになります。

これは過去12ヶ月間の推移です。説明によると、
「数値は、特定の地域と期間について、グラフ上の最高値を基準として検索インタレストを相対的に表したものです。100 の場合はそのキーワードの人気度が最も高いことを示し、50 の場合はそのキーワードの人気度が半分であることを示します。同様に、数値が 0 の場合はそのキーワードの人気度が最も高いときの 1% 未満であることを示します。」とあります。

つまりこの1年間でみると、6月4日~10日が1番高い100とすると、50にあるのはその半分くらいということ。6月7日~9日がデジタルサイネージジャパンだったので、とても納得のいく結果です。さすがGoogle。信憑性が高いです。

ではタイムマシンの様に過去に遡ってみます。
一気に一番古いところをいってみましょう。ずばり、「2004―現在」。すると…

このような結果に。100となっているのが2009年の6月、次いで2010年の6月が山の頂点になるように上がっています。2012年辺りから安定して横ばいといったところでしょうか。開始をみると、2004~2006年の中頃までほぼ0ですが、それ以降徐々に右肩上がりになっていっています。
これは一体何と関係しているのでしょうか?

比較をとってみる

Googleトレンドには「比較」という機能があります。2つ以上の言葉を組み合わせて、その相関があるかを調べる事が出来るというもの。
例えば、山の頂点は恐らく前述の「アレ」だろうということで入れてみると…

結果はちょっと地味ですが、やはり「デジタルサイネージジャパン」で間違いなさそうです。山場となっている2009年は、記念すべきDSJ第一回目の開催。デジタルサイネージの検索にはDSJの影響が大きく関係しているということが明らかになりました

一方で、人々はそんなに「デジタルサイネージ」という正式名称で検索するのでしょうか?世間一般の人たちに「デジタルサイネージ」と言って伝わるようになってきたのは最近の話。
ここで「サイネージ」を比較に入れてみます。

結果は似ていますが、こっちの方が盛り上がっているように見えます。少しだけ、右肩上がり気味です。「デジタルサイネージ<サイネージ」で調べる人の方が多いよう。
正しくは「サイネージ」は看板という意味ですが、この結果を見るに「デジタルサイネージ」を調べている、ととって良さそうです。

となると気になるのは和名(?)である「電子看板」や「電光掲示板」。これらはどうでしょう。

黄色が電子看板で緑が電光掲示板です。特筆すべきは「電光掲示板」。2007年位まではよく調べられていましたが、本格的に「サイネージ」が使われ始めるまでに緩やかに衰退、その後は横ばいです。この辺りでサイネージという言葉に置き換わってきたのでしょうか。
電子看板の方は、「デジタルサイネージ」が使われる前に使用されていたというのがわかります。

ビジネスはいつから?

色んなキーワードをいれて相関を見るのは楽しいのですが、Googleトレンドの下の方をみると「関連キーワード」というのがあります。そこには「デジタルサイネージ 価格」の文字が。
なるほど、これを調べたらサイネージビジネスがいつから始まったのか、紐解けるかもしれません。

Googleトレンドは普段調べるように、スペースをいれて複数単語を調べることが出来ます。結果は2008年あたりから徐々に増え、2009年からよく調べられるようになっており、この辺りからビジネスが活発になったと読み取れます。ちょうどデジタルサイネージという用語が普及し始めてきた&DSJ開催と同じ時期です。

このように、Googleトレンドを使うと様々な事がわかります。ここではほんの一例であり、詳しく調べることで、更に面白い発見がありそうです。
これから果たして、デジタルサイネージの検索が増えていくのでしょうか?
そうなる未来を目指して、SIPOは頑張っていきたいと思います!

会員登録する
SIPOではデジタルサイネージ業界の最新動向を配信中。
会員登録して、いち早くニュースを受け取りましょう!

「いいね!」で
最新情報をお届け

shutterstock_367791077