1. HOME
  2. サイネージあれこれ
  3. 【完全保存版】デジタルサイネージ調査隊60選〜渋谷からウラジオストクまで〜
2017/12/28

【完全保存版】デジタルサイネージ調査隊60選〜渋谷からウラジオストクまで〜

サイネージあれこれ
  • facebook
  • B!
  • 1
twitter
LINE
470 views
デジタルサイネージ調査隊

こんにちは。
デジタルサイネージ調査隊、新隊長です。

SIPO愛読者の方ならご存知の通り、我々デジタルサイネージ調査隊は、これまで数々の駅周辺やイベントのデジタルサイネージを調査して参りました。

「どれくらいの記事が溜まったのだろう…。」

と思い数えてみると、その数何と60記事
もはや書籍が出せるんじゃないかと、調子に乗ってしまう新隊長です。

そこで今回は、デジタルサイネージ調査隊がこれまでに調査した記事を一挙まとめてみました。
2015年6月〜2017年9月までの街のデジタルサイネージについて知りたい方は、必見です!

23区を縦横無尽に駆け回った!東京都のデジタルサイネージ

60記事をどう紹介したら分かりやすいだろう…と悩んだ末、今回はエリアごとにまとめてみました。
まずは東京都の記事をご紹介します。

01

【渋谷】渋谷駅周辺を歩くと一体いくつの“デジタルサイネージ”に出会うの? 実際にカウントしてみた

こちらは、デジタルサイネージ調査隊の記念すべき初調査記事。(2015年6月1日公開)
まだ元隊長が、隊長として一人で調査していた時代です。

この頃、初めてデジタルサイネージを知った元隊長は、会う人会う人に「デジタルサイネージって知ってる?デジタルサイネージっていうのはね…!」と得意気な顔で話していました。

DSC_5600

【渋谷】【調査隊、初心に返る】渋谷のサイネージはどう変化した?2015年6月には見当たらなかったモノを再調査!

私が新隊長になったことでいじけてしまった元隊長。
そんな元隊長に、「世の中が変わっていくからこそ、新しいデジタルサイネージが生まれるんだよ。」という熱いメッセージを伝えるべく、もう一度渋谷に調査をしに行った記事です。

初めて渋谷を調査しに行ってから1年弱が経った頃の記事ですが、この1年で渋谷のデジタルサイネージがどれだけ進化したかが分かります。

DSC_9568

【渋谷】料理教室にデジタルサイネージ!?その訴求力を調査&パン作りレッスンを受けてきた

こちらは、ABCクッキングスタジオ内にあるABC VISIONを調査しに行くという名目の元、私新隊長が初めてのパン作りを行った記事。

デジタルサイネージの写真よりもパン作りの写真の方が多い記事になってしまったのは秘密です。

03

【原宿】【隊長歓喜】デジタルサイネージ調査隊に女性が加入!ハイテンションで原宿・表参道を調査!

元隊長がまだ1人で調査を行っていた頃、美人女性が調査に参加してくれた時の記事です。

記事タイトルにも表れている通り、「女性が加入!」とかなりテンションが上がっている元隊長。しかし、この方が調査に参加してくれたのはこれっきりだったそうです…

DSC_6091

【原宿】外国人に大人気!東京新名所「KAWAII MONSTER CAFÉ」を調査してきた

原宿のKAWAII MONSTER CAFÉに調査をしに行った時の記事です。

日本人だけではなく、外国人に人気のKAWAIIカルチャー。店内のデジタルツールは、しっかりと他言語対応していました。
(デジタルサイネージの写真よりも、私がKAWAIIご飯を食べている写真の方が多いのは秘密です。)

04

【新宿】デジタルサイネージダンジョン新宿をお盆に調査してきた!

元隊長がお盆休みに1人で新宿を調査した記事です。

2015年8月の記事ですが、この時から“デジタルサイネージダンジョン”というタイトルになるほど新宿はデジタルサイネージだらけ。当時はまだ珍しかった、インタラクティブな大型サイネージも設置されていました。

img_0239

【新宿】「新宿で南フランスを体験できる!?」新宿三丁目のデジタルサイネージを調査してきた

新宿から少し足を伸ばした、新宿三丁目の調査記事です。

歩いているだけでも、デジタルサイネージだらけの新宿三丁目ですが、この時はさらにロクシタンにて、チームラボによる「デジタルプロヴァンスシアター」が展示されていました。

ロクシタンの商品をテーブルの上に置くと、その商品に合わせた花が咲き誇る様子はとても幻想的。まだ見たことがないという方は、ぜひご覧ください。

05

【品川】多様なデジタルサイネージが点在する街、品川を大調査!

お盆休みに暇だった元隊長が、新宿からはしごして調査した品川。

駅構内の44面サイネージは圧巻です。

DSC_0543

【品川(天王洲アイル)】居住者に有益な情報を与える、マンションロビーのデジタルサイネージを調査してきた

マンションロビーにあるデジタルサイネージを調査しに行った際の記事です。
“マンションの住民”にセグメントを切った、住民にとって有益なコンテンツの数々が印象的でした。

img_2492

【大崎】街づくりにも役立つ!?大崎のデジタルサイネージを徹底調査してきた

オフィスだけでなく、商業施設や住居なども含めた街づくりに力を入れている大崎。

そんな大崎のデジタルサイネージは、サラリーマンと買い物客、住民それぞれに有益なコンテンツを配信していました。「デジタルサイネージは街づくりに役立つのではないか」と気づかせてくれる調査でした。

02

【千代田】隊長、デジタルサイネージに踊らされ、7kmも歩く 調査隊@東京駅編!

デジタルサイネージだらけの東京駅。
歩けば歩くほど新しいデジタルサイネージに出会える事に興奮し、元隊長が7kmも歩いてしまった記事です。

06

【池袋】【池袋】デジタルサイネージ調査隊に新卒女性隊員が加入!隊長、隊員へ。

私、新隊長が初めてデジタルサイネージ調査隊に加入し、いきなり隊長に任命された時の記事です。
これを機に、元隊長が隊員に降格してしまいました…。

021

【後楽園】【調査隊】後楽園のインタラクティブなイルミネーションを調査してきた

クリスマスシーズンに、元隊長と2人で後楽園のイルミネーションを調査した記事です。

デジタルサイネージと同様、イルミネーション業界にもインタラクティブの波が来ているようで…“イルミネーションを体験すること”ができました。

DSC_0470

【六本木】アジア有数の繁華街、六本木のデジタルサイネージを調査してきた

こちらもイルミネーションシーズンの記事です。

さすがはアジア有数の繁華街、六本木。「高所得者」というターゲットにセグメントを切ったコンテンツを放映しているサイネージが多く見かけられました。

スクリーンショット(2016-02-23 16.25.15)

【秋葉原】【調査隊】広告のインバウンド化が進む、秋葉原のデジタルサイネージ

インバウンド広告を求め、秋葉原に繰り出した記事。

デジタルサイネージはもちろん、ただの看板も、多言語表記のものばかりでした。

DSC_5279

【押上】【広告枠は90%のオンエア回数を保証!】東京を代表する観光地、ソラマチのデジタルサイネージ調査してきた

スカイツリー駅、ソラマチ内、そして押上駅を合計すると62台あるというデジタルサイネージ。

エレベーター脇や休憩スペースになど、導線をしっかりと計算して設置されていたデジタルサイネージは、素晴らしいとしか言いようがありません。

DSC_7767

【二子玉川】元隊長、カメラに映り込もうとするが全てピントがずれる。デジタルサイネージ調査隊in二子玉川

駅構内の連動型サイネージ、そして駅前のインタラクティブサイネージなど、新しいデジタルサイネージが多数設置されていた二子玉川。

街の開発に合わせ、デジタルサイネージの数も増えているようです。

DSC_4370

【町田】屋外からショッピングモールまで!デジタルサイネージが幅を利かせる、町田駅を調査してきた

都心から少し離れた町田駅。

新しいショッピングモールはもちろん、老舗のデパートにもデジタルサイネージが導入されていました。これまで都心ばかりを調査していた我々調査隊でしたが、これをきっかけに「もう少し都心から足を伸ばさなければ…デジタルサイネージはもはや都心中心のものではない…!」と気づかされました。

DSC_2420

【恵比寿】デジタルサイネージでニュースも見れる!お洒落タウン、恵比寿駅周辺を調査隊がゆく

恵比寿ならではのお洒落な景観を崩さず、街に溶け込んだデジタルサイネージの数々。
目立った主張はせずとも、しっかりとインバウンド対策もされていました。

その街の雰囲気を壊さずに、時代の流れやユーザーのニーズにも応える、上品なデジタルサイネージの在り方を知った調査でした。

DSC_0741

【新橋】デジタルサイネージ調査隊が、新橋の広告事情を調べてきた

サラリーマンの街、新橋。
サラリーマンにセグメントを切ったデジタルサイネージの数々が目立ちました。

DSC_6523

【上野】祝・世界遺産登録!上野周辺の屋外にあるデジタルサイネージを調査してきた

秋葉原と同様、外国人観光客が多いことで知られる上野。

調査を行った日も、平日の昼間にも関わらずたくさんの人がおり、観光客に向けたデジタルサイネージが目立ちました。

dsc_2278

【五反田】【デジタルサイネージ広告を出稿するなら今がチャンス!】五反田駅周辺を調査してきた

新しいデジタルサイネージがほぼ見当たらなかった五反田周辺。

偉大なる元隊長は、「五反田は現代型デジタルサイネージのブルー・オーシャンである」という言葉を残しています。

dsc_6890

【お台場】【2016最新版!】お台場のイルミネーションを調査してきた!

イルミネーション天国とも言える、クリスマスシーズンのお台場。

綺麗なイルミネーションの数々はもちろん、NAKED Inc.が手がける、プロジェクションマッピングも調査して参りました。イルミネーションデートに行くなら、プロジェクションマッピングやインタラクティブなイルミネーションを見に行けば、より盛り上がることでしょう。

img_1382

【錦糸町】意外と少ない!?錦糸町駅周辺のデジタルサイネージを発掘してきた

駅周辺には、ほとんどデジタルサイネージが見当たらなかった錦糸町。

新しくできた大型ショッピングモールの中などにはありましたが、それ以外の場所は今後導入が進むのかもしれません。

img_7149

【浅草】インバウンドの聖地、台東区浅草のデジタルサイネージを調査してきた

秋葉原や上野と同様、外国人観光客が多いことで知られる浅草。

外国人観光客に向け、ローカライズされた多言語対応のデジタルサイネージが複数導入されていました。

足を伸ばして神奈川や千葉へ。関東圏のデジタルサイネージ

都内の調査隊記事…すごい数でした。

次は、都内から少し足を伸ばした関東圏のデジタルサイネージをご紹介します。

【神奈川】

【川崎】隊長、ついに東京を飛び出し神奈川県へ!川崎のデジタルサイネージを調査してきた!

元隊長が初めて都内を飛び出して調査を行った記事です。

この頃の元隊長は、なぜ調査の度に自分のお昼を紹介しているのでしょうか…。

【横浜】【デジタルサイネージ調査隊】テクノロジーと文化が融合している街、横浜へ行く!

元隊長が川崎からはしごして訪れた横浜。

横浜ならではの文化を残しつつ、新しいデジタルサイネージが街に融合していたようです。

dsc_1357

【溝の口】【2020年に向けた実証実験の現場】溝の口駅周辺のデジタルサイネージを調査してきた

2020年に向け実証実験中の、ホームドアのデジタルサイネージを調査しに溝の口を訪れた記事です。

電車を待つときに、無意識のうちに視界に入るホームドア。デジタルサイネージを設置すれば、多くの人の目に留まること間違いなしでしょう。

dsc_8078

【武蔵小杉】【乗り替え案内サイネージも!】武蔵小杉のデジタルサイネージを調査してきた

溝の口と同様、試験的にホームドアにデジタルサイネージを設置していた武蔵小杉。

さらに、駅構内にはタッチパネル式の乗り換え案内サイネージも設置されており、非常に便利でした。

DSC_0196

【海老名】【サービスエリア】高速道路で運用される、最新のデジタルサイネージを調査してきた

サービスエリアのデジタルサイネージを調査した記事です。

ドライバー向けのサイネージを調査したのは初めてだったため、時間がなくてもトイレの空き状況が一目で分かるデジタルサイネージには、驚きを隠せませんでした。

【千葉】

DSC_4567

【ユーカリが丘】1つの街で全てが完結?!理想の街、ユーカリが丘を調査してきた

実は、人生で初めてぎっくり腰になった時に行った調査です。
そのため、光の加減も相まってものすごく顔色の悪い写真となってしまいました。

街づくりに力を入れているユーカリが丘ですが、その一環としてデジタルサイネージが活用されていました。

DSC_5738

【成田】2020年の準備は完了!?成田空港の“おもてなし”サイネージ調査隊

とにかく広い成田空港。
デジタルサイネージも大型のものが多く、1つ1つのサイネージが大迫力だったことを覚えています。

もちろん、多言語対応のものばかりでした。日本の玄関口として、今後も最新のデジタルサイネージが増えていくことを願っています。

DSC_4899

【幕張】【エコで多様なコンテンツを提供する!】海浜幕張駅周辺のデジタルサイネージを調査してきた

1日平均乗降客数は63,225人(2015年度)という海浜幕張駅。幕張メッセや千葉マリンスタジアムがあることから、様々な人が日々行き交います。

そのため、デジタルサイネージの種類も様々でした。

%e6%a1%88%e5%86%853

【千葉】環境にも外国人観光客にも優しい!「11.20」にリニューアルオープンしたJR千葉駅のデジタルサイネージ広告

2016年、11月20日にリニューアルオープンしたばかりのJR千葉駅。そんな千葉駅に私新隊長が1人で調査に行って参りました。

チーバくんとの2ショットが上手く撮れず、綺麗でダイナミックになった千葉駅で何度も自撮りをやり直したことを覚えています…。

img_3734

【船橋】街づくりと一体化!徹底的にローカライズされた船橋市のデジタルサイネージを調査してきた

ふなっしーでお馴染みの船橋市。

街づくりに力を入れており、徹底的にローカライズされたデジタルサイネージの数々が印象的でした。駅前に無人のミニ図書館が設置されていたことにも驚きです。

【埼玉】

DSC_0996

【大宮】【屋外広告】埼玉県最大のターミナル駅「大宮」のデジタルサイネージを調査してきた

唯一の埼玉編は大宮のデジタルサイネージ。

埼玉県最大の駅ということだけあり、大型サイネージから円形のサイネージまで、様々なデジタルサイネージが設置されていました。

〜骨休め〜

ee9ec7ef8365eb1fa0827c33d794a2be-768x512

【SIPO1周年突破記念】調査隊が足で稼いだデジタルサイネージで勝手にアワード!【ディスプレイ篇】

SIPO1周年の際に、調査隊が今まで調査したデジタルサイネージで勝手にアワードを開催した記事です。

特にグランプリを決めたわけではないのですが、最初の1年で印象に残ったデジタルサイネージを、元隊長と一緒に振り返っています。

本家のデジタルサイネージアワードに影響を受けただけでは?と言われれば否めません。

調査?それとも旅行?地方のデジタルサイネージ

次に紹介するのは、調査をしに行っているのか旅行をしに行っているのかもはや分からない、地方のデジタルサイネージ

006

【北海道】【前編】デジタルサイネージ調査隊が新千歳空港に降り立った!

私が加入する1ヶ月前に、元隊長が1人で調査しに行った北海道です。
冒頭、スティーブ・ジョブズのスピーチから始まっており、北海道まで行って何を調査してきたのかよく分からないことになっています。

DSC_1803

【北海道】【後編】温泉も映画館もある!サイネージ調査隊が新千歳空港をくまなく調べてきた!

北海道後編です。

ハロウィンの時期ということもあり、季節性のあるデジタルサイネージも多数設置されていたようです。

003

【名古屋】【デジタルサイネージ調査隊】名古屋の”多様”なサイネージを新隊長と調査してきた!

日本の三大都市のひとつである名古屋を調査した記事です。

ARの大型サイネージや、縦型の大型サイネージなど、多様なデジタルサイネージが多数設置されており、さすが三大都市でした。

画像3

【名古屋】【速報】日本初!スマフォ×ARによる進化型プロジェクションマッピングin名古屋

スマフォ×ARという、進化型プロジェクションマッピングを調査した記事です。

12月の寒さを忘れさせるぐらい、訪れた人がみんな夢中になる素晴らしい演出でした。バッチリ動画を掲載しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

20160523060259

【京都】インバウンド広告を探すべく、新隊長、はるばる京都へゆく

私新隊長が、1人で京都駅周辺を調査した記事です。
外国人に大人気の京都には、多言語対応のおもてなしサイネージが多数設置されていました。

尚、千葉駅と同様、京都駅の前でも何度も自撮りをやり直した結果、終電ギリギリの新幹線で帰るはめになってしまいました…。

002

【大阪】デジタルサイネージ調べ倒れの街!大阪・道頓堀を調査してきた

元隊長が1人で調査した記事です。
三大都市のひとつである大阪は、密度でいうと都内よりもデジタルサイネージが多いのではないかとのこと。とにかくたくさんのデジタルサイネージが記事に登場します。

また、記事の最後に出てくる「あ!」とだけ書かれたデジタルサイネージは、確かにとても気になります。

IMG_5275

【香川】外国人観光客が増えてるってほんと?香川県高松市に見る、インバウンドサイネージの活用法

瀬戸内国際芸術祭などの影響もあり、外国人観光客が増えているという香川。

そんな香川では、地方都市とは思えないほどインバウンドのデジタルサイネージが多数導入されていました。

調査隊はいよいよ海を渡り、海外へ!

我々デジタルサイネージ調査隊は、海外旅行先でも調査を行ってしまいます。

なぜなら、デジタルサイネージが好きだから。

20160520064342

【タイ】バンコク空港内はデジタルサイネージだらけ?海外の広告事情を調査してみた

バンコクのスワンナプーム国際空港で調査を行った記事です。

免税店の辺りにはおびただしい数のデジタルサイネージが設置されており、さらに多言語対応のタッチパネル式大型サイネージや、キネクトが搭載されたインタラクティブなサイネージまで設置されていました。

img_7689

【ロシア】ドライバー向けの大型サイネージが多数!ロシアの極東、ウラジオストクに調査隊が行く

時には、ロシアのウラジオストクまで調査しています。

水族館の展示が、宇宙のビッグバンから始まり、その様子をプロジェクションマッピングで説明しているのには驚きでした。
また、車移動が一般的な国であるため、ドライバー向けの大型デジタルサイネージが多いのも特徴です。

〜骨休め〜

fec9900775b2cc7ad137785d6a268383-768x512

【SIPO1周年突破記念】調査隊が足で稼いだデジタルサイネージで勝手にアワード!【コンテンツ編】

【SIPO1周年突破記念】調査隊が足で稼いだデジタルサイネージで勝手にアワード!【ハード編】と同時開催した【コンテンツ編】です。

受賞作品を選ぶのに何度も議論を重ねた【コンテンツ編】。多数の魅力的なコンテンツの中からなんとか絞った結果を、ぜひご覧ください。

あらゆる発表会やExpoに侵入!イベントレポート

Tacticle spectrum/河野航

「確かなデザイン力+デジタル技術」で体験できる【武蔵野美術大学卒展2015 】を調査してきた

「学生さんたちの作品も調査してみよう」ということで足を運んだのが、武蔵野美術大学の卒業展示会。

学生とは思えないクオリティの高い作品を多数体験することができました。

DSC_6878

【ライゾマ・チームラボ】最新技術の祭典「メディアアンビション」イベントレポート

“テクノロジーアートを都市へ実装する実験的なカルチャーイベント”と題した「MEDIA AMBITION TOKYO 2016」

普段の調査隊が調査しているイベントよりもアート要素が強く、新鮮な記事になりました。

8_admobilize

調査隊ついにラスベガスへ!デジタルサイネージエキスポ2016潜入レポート

調査隊、初となる海外イベント記事。

日本よりも数年先をいくアメリカの最新テクノロジーがギュギュッと詰まっています。

dsc_4463-768x512

【インタラクティブな球体スクリーン!?】 最新技術が満載!先端コンテンツ技術展レポート

球体スクリーンVR、ドローンならぬバルーンカムなど、その名の通り先端技術が多数展示されていたイベント。

これからのデジタルサイネージの可能性を知る上で、読んでおいた方が良い記事だと言えるでしょう。

DSC_4796

ライブ&イベント産業展でみた!プロジェクションマッピングとデジタルサイネージの活用法とは?

もはや広告としてだけでなく、ライブやイベント演出としても活用されているプロジェクションマッピングとデジタルサイネージ。

「プロジェクションマッピングってどう活用すれば良いの?」という方に読んでいただきたい記事です。

dsc_2699

【茂木健一郎氏も参加】最新クリエイティブが続々登場!TOKYO DESIGN WEEK 2016前期レポート

多くのクリエイティブ企業が出展するTOKYO DESIGN WEEK

「100年後の自分の姿を見ることができる」というユニークなコンテンツの数々が展示されていました。

dsc_4922

【DeNA、カヤックも!】最先端のクリエイティブイベント「dotFes(ドットフェス)」に、調査隊が行く

企業や、個人のクリエイターが出展する「dotFes(ドットフェス)」

どの出展者もインタラクティブコンテンツに力を入れており、「もはや、体験できるデジタルコンテンツが当たり前の時代になったんだな」ということを気づかせてくれるイベントでした。

img_0041-768x512

【武蔵野美術大学卒展2016】VRも登場!学生たちのデジタルアート作品を調査してきた

前年に引き続き、調査させていただいた武蔵野美術大学卒業展示会

これからのデジタルクリエイティブ業界を担う学生さんたちの渾身の卒業制作は必見です。

img_7387

プロジェクションマッピングと日本文化のコラボ!白Aが公演する「That’s ZENtertainment!」に行ってきた

デジタル技術であるプロジェクションマッピングと、アナログのダンス演出がコラボした、「That’s ZENtertainment!」

外国人向けに構成された講演ですが、そのクオリティの高さは日本人が見ても圧巻です。

img_0379

【DSJ2017】年に一度の祭典!デジタルサイネージジャパンに行ってきた・前編

年に一度のデジタルサイネージの祭典、「デジタルサイネージジャパン2017(DSJ)」

その1年を代表するデジタルサイネージが、多数展示されています。「最近のデジタルサイネージってどういうのが流行っているの?」という方は、ぜひ読んでみてください。

img_0494

【DSJ2017】LEJにも参加!デジタルサイネージジャパンに行ってきた・後編

「デジタルサイネージジャパン2017(DSJ)」の後編です。

VRアーティストの方なども出ており、この1年のデジタルコンテンツ業界の進化を感じさせるイベントでした。

img_1155

屋外広告なら、デジタルサイネージがおすすめ?「サイン&ディスプレイショウ2017」を調査してきた
こちらの記事のURLは、記事公開後に挿入させていただけますと幸いです

屋外広告としても、なくてはならないデジタルサイネージ。
ハード面も年々進化をとげており、運用面が非常に簡単なデジタルサイネージが多数展示されていました。

img_6765

齋藤精一氏も登場!ライゾマティクス10周年を記念した『Rhizomatiks 10』に、調査隊が行く

リオデジャネイロオリンピックの閉会式のプロジェクションマッピングを担当したことでも知られる、ライゾマティクス

そんなライゾマティクスの10周年を記念したイベントを調査して参りました。ライゾマティクスの今までを振り返るためのアーカイブ映像が多数展示されています。

街のデジタルサイネージ、最先端のデジタルサイネージについて知りたい方は、調査隊の記事を読もう

都内から地方、そして海外まで、数え切れないほどのデジタルサイネージを取り上げてきたデジタルサイネージ調査隊。
「実際デジタルサイネージってどんな使われ方をしてるの?都内は?地方は?海外は?」と疑問に思っている方は、ぜひ私たち調査隊の記事を参考にしてください。

これからも、私たちデジタルサイネージ調査隊は、あらゆるデジタルサイネージを追いかけ続けます!

会員登録する
SIPOではデジタルサイネージ業界の最新動向を配信中。
会員登録して、いち早くニュースを受け取りましょう!

「いいね!」で
最新情報をお届け

デジタルサイネージ調査隊