1. HOME
  2. 市場動向
  3. プロジェクションマッピング×謎解きゲーム!?TOKYO MYSTERY CIRCUSに調査隊が行く
2018/06/14

プロジェクションマッピング×謎解きゲーム!?TOKYO MYSTERY CIRCUSに調査隊が行く

img_2619

こんにちは、デジタルサイネージ調査隊です。

本メディアSIPOでも度々取り上げているインタラクティブなプロジェクションマッピング
最近では、PRイベントやライブ演出などの他に、エンターテイメントとしても活用されています。

そこで今回は、テレビCMやSNSなど様々なメディアで話題沸騰中の“謎”に満ちた新たなテーマパーク、‎TOKYO MYSTERY CIRCUSを調査して参りました。
インタラクティブなプロジェクションマッピングを使用した、大人気の謎解きゲームをご覧ください。

世界一謎が多いテーマパーク、TOKYO MYSTERY CIRCUSとは?

img_2557

東京、新宿にある‎TOKYO MYSTERY CIRCUSは、リアル脱出ゲームでお馴染みの株式会社SCRAP(スクラップ)が運営する“謎解き”をテーマにした新感覚のテーマパークです。

入場自体は無料で、1Fにはカフェやグッズショップ、そしてチケットカウンターがあります。
時期によって様々なゲームが催されており、ゲームごとに開始時間・所要時間・チケット料金が異なるので、事前に体験したいゲームをホームページで調べてから行くと良いでしょう。

img_2722

1Fのカフェスペースにはデジタルサイネージが設置されてあり、その時期に催されているゲームの情報が表示されていました。
カフェで一息つきながら、好きなゲームを見つけてみるのも良いかもしれません。

img_2720

また、入り口付近にもデジタルサイネージが。
その月に使用している音楽のプレイリストを表示しているようです。各音楽ごとにQRコードがついてあり、気に入った音楽はダウンロードできるシステム。とても画期的です。

デジタルアート×アナログの謎解きゲーム、『不思議な晩餐会へようこそ』に挑戦!

1Fでチケットを購入し、早速プロジェクションマッピングを使用した謎解きゲームに挑戦。
今回参加したのは、リアル脱出ゲームの一種である、『不思議な晩餐会へようこそ』、所要時間は100分です。
(当日一般:3,500円、前売り一般:3,000円。当日学生(平日のみ):2,800円、前売り学生(平日のみ):2,300円。グループチケット前売り一般:14,500円、学生:11,500円。)

img_2608

会場には、綺麗にセットされたテーブルが複数並んでおり、まるで本当に高級レストランの晩餐会に訪れたかのよう。

img_2610

入場の際に5色の花から好きな花を選び、その花と同じ色のナプキンが置いてあるテーブルに着席します。

img_2614

各席に参加者が座り、時間になったらゲームスタート。
テーブルの上には綺麗なプロジェクションマッピングが投影されます。

『不思議な晩餐会へようこそ』のストーリーは以下の通り。

魔女の晩餐会に招待されたあなた。
部屋の中には、魔法がかかったテーブルがひとつ。
「さあパーティーをはじめましょう。
すべてのメニューをひとつのこらず食べきることが出来たらあなた達の勝ち。
でも少しでも残したら、魔法でネズミになってもらうわ!」
どうやら謎を解かないと料理は出てこないようだ。
これは魔女が仕掛けるちょっぴり不思議な晩餐会。
あなたは全てのメニューをオーダーして、
魔女とのゲームに勝利することができるだろうか?

img_2625

問題ごとにお皿やりんごなど、アナログの道具を手に入れることができ、それらを正しい場所に置くことができると、プロジェクションマッピングの演出が変わり、次の問題へ進むことができます。

img_2637

また、最初に選んだ花のカラーに合わせ、1人ひとつずつ自分のアイテムをゲットすることができ、そのアイテムをテーブルの中央にかざすと、アイテムに反応して映像が変わるという仕組みも。

img_2675

これらのアイテムを上手く利用して謎を解いていくと、メニューをオーダーすることができ、お皿の上に料理が出てきます。

img_2717

60分という制限時間の中で、用意された全てのメニューをオーダーし、食することができれば参加者の勝ち。
今回は、ラスト数秒ギリギリのところでなんとかクリアすることができました。他のテーブルでは、惜しくもクリアできなかったところもあったようです。

なかなか難しいので、大人や子供に関係なく、頭を柔らかくして考えられる人が強いのかもしれません。

img_2715

テーブルの上にはプロジェクターとキネクトが設置されており、キネクトがアイテムを認識して映像を変えているという仕組み。

参加者1人ひとりが自分の手で映像を変え、物語を進めていくことができるので、5人で挑戦しても、1人ひとりが魔法使いのような気分を味わうことができます。
さらに、全員のアイテム、力を合わせないとクリアすることができないので、知らない人と相席になっても自然と会話が弾み、仲良くなることができるのも大きな魅力。

最新のデジタル技術を使いながら、アナログならではの温かさ、楽しさも味わうことができるのです。

デジタル×アナログの新たな楽しさを体験できる!TOKYO MYSTERY CIRCUS

今回参加した『不思議な晩餐会へようこそ』の開催期間は、2018年6月30日までとのこと。
それ以降は、デジタルアートを活用した他の謎解きゲームが登場するとのことなので、次のゲームからも目が離せません。

ただ“デジタルアートを体験できる”だけでなく、チームで頭を使いながらも、自分の手で物語を進めていくことができるTOKYO MYSTERY CIRCUSのリアル脱出ゲーム。
プロジェクションマッピングの新たな活用方法が気になる方、最新のデジタル技術に興味がある方、大人気の謎解きゲームに挑戦してみたい方は、是非足を運んでみてください。

施設名:TOKYO MYSTERY CIRCUS(東京ミステリーサーカス)
住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 APMビル
営業時間:平日11:30~22:00/土日祝9:30〜22:00
休業日:不定休
アクセス:JR新宿駅東口から徒歩7分/西武新宿駅から徒歩2分
TEL:03-6273-8641(平日 11:30~19:00 土日祝 9:30〜18:00)
HP:https://mysterycircus.jp/

会員登録する
SIPOではデジタルサイネージ業界の最新動向を配信中。
会員登録して、いち早くニュースを受け取りましょう!

「いいね!」で
最新情報をお届け

img_2619