1. HOME
  2. 市場動向
  3. デジタルサイネージを設置する穴場スポット!?JR津田沼を調査隊が行く
2018/05/10

デジタルサイネージを設置する穴場スポット!?JR津田沼を調査隊が行く

市場動向
  • facebook
  • B!
  • 0
twitter
LINE
141 views
img_2470

こんにちは、デジタルサイネージ調査隊です。
現在私は、千葉県にあるJR津田沼駅に来ております。

「津田沼駅ってどこ?」という方のために説明いたしますと、以前調査隊でも調査したことがある、JR千葉駅JR船橋駅の間にある駅です。

2016年のJR各駅の乗車人員ベスト100では、なんと38位にランクイン。
39位が神田駅、40位が西日暮里駅なので、駅によっては山手線の駅よりも多くの人が利用している、割と栄えたスポットです。

昨年の11月にリニューアルしたJR千葉駅はデジタルサイネージだらけ、ふなっしーで有名なJR船橋駅もデジタルサイネージが豊富でしたが、間にある津田沼駅はどうでしょうか。

駅構内には意外とない…?JR津田沼駅のデジタルサイネージ

まずJR船橋駅の構内を調査してみると

img_2411

JRの駅“あるある”のお出かけ情報を表示するデジタルサイネージを発見しました。

img_2410

また、こちらもJRの駅“あるある”のNewDaysのデジタルサイネージです。

比較的大きな駅で利用者数が多いものの、この2種類以外のデジタルサイネージが見つからず…。
「もしかして、あんまりデジタルサイネージがない駅なのかしら」と不安に思いながら駅の階段を降り、地上に降り立ってみると

img_2476

宅配便ロッカー『PUDO』(プドー)というものが設置されており

img_2477

タッチパネルで操作できるようになっていました。
デジタルサイネージかと言われると微妙ですが、もう少し詳しく見てみましょう。

どの宅配会社でもサービスを展開できるという『PUDO』を利用すれば、「自宅に宅配ボックスがない」「旅行中で自宅以外の場所で荷物を受け取りたい」という人が、駅前やスーパー、ドラッグストアや駐車場など、『PUDO』が設置されているあらゆる場所で、荷物を受け取ることができるのだとか。

img_2479

日本語の他に英語表示もできるようになっており、長期で日本に滞在している外国人観光客の方も、帰国する前に荷物を受け取ることができるようになっています。

なんて便利なのでしょう。

img_2391

また、駅前にはMorisia(モリシア)というショッピングモールがあり、壁には大型デジタルサイネージが設置されていました。

img_2395

画面をよく見てみると、近くにあるカラオケ店などの情報を表示しているよう。
地元の人、津田沼を訪れた人にローカライズされたデジタルサイネージです。

新京成電鉄新津田沼駅もある!JR津田沼駅周辺

駅前から目に留まるエリアでは他にデジタルサイネージがなかったため、今度は駅周辺をぶらりと歩いてみました。

img_2409

こちらはSMBCフレンド証券の前に設置されていたデジタルサイネージ。

日経平均株価

img_2407

NYダウなどが表示されていました。

近くの会社に務めるサラリーマンの方などが、駅へ向かう道の途中で目にしているようで、とても役立っていました。

img_2428

そしてこちらは、駅近くの歯科医院前に設置されていたデジタルサイネージ。

院内の様子を映像で紹介すると共に、下部では大きなテキストで診療時間などを伝えていました。こちらの歯医者さんに初めて行く人でも、事前に様子が分かるので安心です。

img_2430

JR津田沼駅周辺を歩いていると、新京成電鉄新津田沼駅が見えてきました。

「JR津田沼駅構内には、あまりデジタルサイネージがなかったけれど、新京成の方はあるかも…?」

というわけで行ってみることに。
改札の前に足を運んでみると…





img_2435

柱型のデジタルサイネージがありました!

「4面全部デジタルサイネージなのかしら」とワクワクしながら他の面も見てみると

img_2445

改札に背を向けたこちらの2面はデジタルサイネージ

img_2444

改札に面したこちらの2面はただの掲示板のようです。
ただの掲示板の方では、駅の出口情報駅周辺の地図情報電車の時刻表が掲示されている様子。確かにこれらの情報、映像が切り替わるデジタルサイネージよりも長時間見続けることができる掲示板の方が便利です。

1本の柱の中で、複数の情報を表示することができるデジタルサイネージと、駅のユーザーにとって非常に重要な情報を掲示し続ける掲示板とで使い方を分けていて、とても効率的な柱の使い方です。

ショッピングモールの中にも!ちらほら出会うデジタルサイネージ

その後もJR津田沼駅新京成電鉄新津田沼駅周辺をしばらく散策してみましたが、外にあるデジタルサイネージは他に見当たらなかったので、ショッピングモールの中に入ってみることにしました。

img_2399

こちらは最初に大型屋外ビジョンを発見したMorisiaの中にあるスーパー、『AEON FOOD STYLE by daiei』の前にあったデジタルサイネージ。
スーパー利用者へのお得な情報を表示しています。

img_2403

さらに、『TSUTAYA×STARBUCKS COFFEE』のブックカフェ前にも、デジタルサイネージの姿が。
TSUTAYAで販売している新作DVDを宣伝しているようです。

利用者数が多くて、デジタルサイネージが少ない津田沼駅は、新しく設置する穴場スポット!?

探せばいくつか見つかる、津田沼駅周辺デジタルサイネージ。その数は、千葉駅や船橋駅に比べて決して多いとは言えませんでした

しかし、利用者数はとても多い駅なので、大型デジタルサイネージインタラクティブなデジタルサイネージを設置すれば、多くの人の目に留まること間違いなし。今現在、競合するサイネージも少ないのでチャンスです。

「デジタルサイネージを設置するなら多くの人に見て欲しい」と思っている方、「近くの他のデジタルサイネージに負けてしまって、注目されなかったらどうしよう…。」と悩んでいる方は、津田沼駅のように、利用者数は多いものの、まだそんなにデジタルサイネージが設置されていないスポットを選んでみてはいかがでしょうか。

会員登録する
SIPOではデジタルサイネージ業界の最新動向を配信中。
会員登録して、いち早くニュースを受け取りましょう!

「いいね!」で
最新情報をお届け

img_2470