1. HOME
  2. 市場動向
  3. デジタルサイネージ天国!?インバウンド施策も?JR大分駅周辺を調査してきた
2018/05/24

デジタルサイネージ天国!?インバウンド施策も?JR大分駅周辺を調査してきた

市場動向
  • facebook
  • B!
  • 0
twitter
LINE
186 views
img_1989

こんにちは、デジタルサイネージ調査隊新隊長です。

現在私は

img_1894

いたるところに湯けむりだらけ!別府温泉で有名な大分県に来ております。
プライベートで来た訳ですが、もちろん、旅行中も大好きなデジタルサイネージを撮影する手は止まりません。

という訳で今回は、大分県のメインステーション、JR大分駅周辺のデジタルサイネージをお届けします。

インタラクティブな要素も…!?JR大分駅北口の、お出迎えサイネージ

大分駅の改札を抜け、北口駅前広場に出るとまず出迎えてくれるのがこちらのデジタルサイネージ。

img_1963

大分ケーブルテレコム株式会社によって2015年3月に設置されたというこちらのデジタルサイネージは、大分駅周辺の施設情報や、大分の観光スポットなどを紹介しています。

img_1973

大きなディスプレイの下には小さなタッチパネルがついており、「さわってみてね」と書いてあったので少しさわってみました。

img_1975

「記念写真を撮る」というボタンがあります。

思いがけず結構インタラクティブなサイネージなのかもしれません。

img_1977

気になったので「記念写真を撮る」をタッチしてみると、「背景をえらぶ」「合成写真をつくる」という2択の画面が出てきました。

ひとまず「背景をえらぶ」を選択すると、複数の背景画像が画面に表示され、好きなものを選ぶことができます。「もっともシンプルで大分らしさが出ているのではないか」と感じた背景画像を選択すると…

img_1989

上の大きなディスプレイに、下のタッチパネルで選んだ背景画像が表示されました。
どうやら「このディスプレイを背にして、自分の携帯で写真を撮ってね」ということのようです。

…あまりインタラクティブではありませんでした…。

気を取り直して「合成写真をつくる」の方を選択してみましょう。

img_1981

複数のフレームが出てきて、好きなものを選択するようです。
「カメラは大画面の上にあるよ」と書いてあります。

上を見てみると…

img_1982

ありました!
しかしこれ、撮影をしたら大画面に私の顔が写し出されてしまうのでしょうか…。

メインステーションというだけあり、なかなか人通りの多いJR大分駅前。1人でいたということもあり、なんだかすごく恥ずかしい気分になってしまい、写真を撮る勇気が出ませんでした。申し訳ございません。

大分駅北口にあるお出迎えサイネージは、「合成写真をつくる」を選べば、なかなかインタラクティブな体験ができるかも…?
もし行く機会がある方は、ぜひ試してみてください。報告お待ちしております。

ぐるっと見渡すだけでたくさんのデジタルサイネージ!インバウンド施策もバッチリ

気を取り直して北口の周りを見渡してみると…

ooita

ちらほらと大型デジタルサイネージの姿を捉えることができました。

img_1940

大分県警察の情報などが流れており、かなりローカライズされています。

img_1929

さらに大分駅に併設されたショッピングモールを遠目から見てみると、デジタルサイネージを発見しました。

img_1958

近づいてみると、その下もかなり横長のデジタルサイネージが設置されていることが分かります。
上のディスプレイと情報が連携されているようで、上のディスプレイに表示されている駅併設のスパ施設について、「手ぶらでお越しください。」と追加情報を表示しています。

img_1999

さらに、ショッピングモールから駅へと続く通路には、柱型のデジタルサイネージが大量に設置されていました。

さすが大分を代表するメインステーション。なかなかすごいです。

img_2002

そして柱型サイネージの横では、ミニ列車が走っていました。

さすが大分を代表するメインステーション。なかなか広いです。

img_2009

また、こちらの通路の端にも縦型のデジタルサイネージが設置されており、日本人向けのコンテンツはもちろん、訪日外国人向け英語・韓国語・中国語でも情報を発信していました。
インバウンド施策もバッチリです。

エスカレーターの降り口まで!?ショッピングモール内もデジタルサイネージだらけ

外の探索をしていたら寒くなってきたので、ここら辺で駅に併設されたショッピングモール(アミュプラザおおいた)の中に入ってみることに。

img_2014

まず、入り口横に割と大きいデジタルサイネージを発見しました。モール内の店舗や、その店舗で売られている商品などについて紹介しているようです。

img_2042

そして、中に入ると縦型のデジタルサイネージが3台も!

…と言いたいところですが、すみません嘘です。

img_2042

左側の2つは看板で、デジタルサイネージは右側の1台だけでした。

こちらのデジタルサイネージも、モール内の店舗情報などを配信しているようです。
モールに入っている店舗一覧やマップの隣に設置することで、よりユーザーが立ち止まって見やすくなるのではないでしょうか。

img_2039

さらに、エスカレーターの降り口にもデジタルサイネージが!
4階まで調査してみましたが、全ての階に設置されていました。すごいです。

駅周辺のデジタルサイネージだけで、かなりの観光情報が手に入る?

少し探索するだけでたくさんのデジタルサイネージを目にすることができるJR大分駅
大分のメインステーションということもあり、併設されているショッピングモールの情報や、街の観光情報を表示しているものが多く見られました。

最後に、「折角だから体を芯から温めて帰ろう。」と思い、併設されたスパ施設(CITY SPAてんくう)に寄ったのですが…

img_2044

エレベーター乗り場にまでデジタルサイネージがありました。恐るべし、大分!

大分観光に訪れた際、「忙しくて事前に全然リサーチできていない!どこに行こう?」と困った方は、大分駅周辺のデジタルサイネージを使用して情報収集をしても良いかもしれません。
そして、時間が余った際はCITY SPAてんくうの露天風呂で、街を見下ろしながら体を温めましょう!

会員登録する
SIPOではデジタルサイネージ業界の最新動向を配信中。
会員登録して、いち早くニュースを受け取りましょう!

「いいね!」で
最新情報をお届け

img_1989