1. HOME
  2. 市場動向
  3. デジタルサイネージ調べ倒れの街!大阪・道頓堀を調査してきた
2017/03/15

デジタルサイネージ調べ倒れの街!大阪・道頓堀を調査してきた

市場動向
  • facebook
  • B!
  • 0
twitter
LINE
463 views
002

デジタルサイネージ調査隊・隊員です。

ds001

私は今、はじめて大阪・道頓堀に来ております。噂には聞いていましたが、さすが食い倒れの街。そこらじゅうに美味しそうな食べ物があります。

一方で、なんとデジタルサイネージも調べ倒れの街であることが判明したのです。というわけで、今回はプライベートの正月旅行で行った、道頓堀のデジタルサイネージを調査していきたいと思います。

まるでタイムズスクエア!?道頓堀のデジタルサイネージ

002

改めて、ザ・道頓堀の写真です。戎橋から写すこの写真の中に、なんとデジタルサイネージが7つもあります

1つめは勿論、道頓堀グリコサイン。一見、ただの看板に見えますが夜になるとLEDが点灯し様々な演出がされるそう。

最初の道頓堀グリコサインから既に6代目となっており、日本で最も愛されている看板と言っても過言ではありません。

003

そんな道頓堀グリコサインの奥にあるのは、道頓堀で一番大きなデジタルサイネージである、2016年3月24日にお披露目された、「ツタヤエビスバシ ヒットビジョン」です。上段、中段下段と3つのデジタルサイネージが連なっています。表示面積は日本最大級なうえ、コンテンツも分けて放映することができるので、多くの情報を一度に出すことができます。

005

別アングルからですが、このように3つのデジタルサイネージを連動させることも可能なようです。ご覧の通り、道頓堀は「看板激戦区」ですが、多くの人が視線を注いでいるデジタルサイネージでした。

006

グリコの看板の向かって右下にあるのがこちらのデジタルサイネージ。冒頭の、道頓堀グリコサインの動画ではその当時、まだデジタルサイネージなっていないことが確認できます。

007

さらに、その右下にも、「激安」と書かれたデジタルサイネージがあります。
所狭しと並ぶデジタルサイネージがぶつかりあって、シナジーを起こしている…気がします

009

グリコの看板の向かって左下にもニュースを伝える雪印メグミルクのデジタルサイネージが設置されています。

なんとなく、道頓堀の看板の色は青が多い傾向にあるなと思いました。

010

グリコの看板の奥に見えるのがこのデジタルサイネージです。実はインタラクティブになっており…

011

通行人の人達を映せるようにもなっています。観光客の皆さんも、楽しそうに自分の映った画面を撮影しています。
実はこの「トンボリステーション」はこの道頓堀で30年もビジョンでありながら、最先端な取り組みをされているデジタルサイネージなんです。

かに道楽方面に行ってもデジタルサイネージが沢山あった!

012

さて、ようやく戎橋を渡り、かに道楽の方面に向かいます。

ここにも、青色で囲った円の中にデジタルサイネージがありました。イベント情報などが流されています。

0013

その横にも、柱型デジタルサイネージが設置されています。
この上に「ツタヤエビスバシ ヒットビジョン」が設置されているので、このビルはデジタルサイネージ天国とでも言いましょうか…

0014

そして、カールおじさんや、大阪の観光スポットや名物が書かれたユニークな看板の中にもデジタルサイネージが設置されています。
またこのサイネージもインタラクティブな仕様になっており…

00123

通行人を映し、さらにはその様子を写真に撮ってくれる機能もついていました
こんな近くに2つの「自分を映してくれるサイネージ」が設置されている大阪は凄いところやで…と思いました。

901

その先にはRAINBOW TVというデジタルサイネージを発見しました。

91724

なお、戎橋のグリコサインの反対側にもこのような多言語対応の観光サイネージが設置してありました。本当に様々な種類のものがあります。

約250mの中にいくつものデジタルサイネージがある道頓堀!

893

この場所から、1つ目に見えるのが戎橋です。その距離約250m。その間に、今回ご紹介した全てのデジタルサイネージがあるのです
まさに、調べ倒れてしまうくらいの数があった大阪・道頓堀周辺。もしかしたら、東京の主要駅よりもはるかにあるかもしれません

2020年に向けて外国人観光客も大幅に増えていくであろう日本有数の観光スポット・大阪。都市の成長、観光客の増加と共に、デジタルサイネージも増えていくことでしょう!

おまけ

532

ちなみに、一番気になったデジタルサイネージは道頓堀から少し離れた場所にあった、「あ!」と書かれたサイネージでした。

会員登録する
SIPOではデジタルサイネージ業界の最新動向を配信中。
会員登録して、いち早くニュースを受け取りましょう!

「いいね!」で
最新情報をお届け

002