1. HOME
  2. 市場動向
  3. 【エコで多様なコンテンツを提供する!】海浜幕張駅周辺のデジタルサイネージを調査してきた
2016/09/01

【エコで多様なコンテンツを提供する!】海浜幕張駅周辺のデジタルサイネージを調査してきた

市場動向
  • facebook
  • B!
  • 0
twitter
LINE
509 views
DSC_4899

こんにちは。デジタルサイネージ調査隊です。

DSC_4831
今、僕は海浜幕張に来ています。というのも、最近デジタルサイネージ関連のイベントが幕張メッセで行われているからです。こう聞くと皆さんは「なんだ。幕張メッセの取材のついでに調査隊か」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そんなことはありません。

むしろそう思っている方は心が黒いのです。

それでは、海浜幕張駅周辺もデジタルサイネージを調査していきたいと思います。

エコな駅、海浜幕張

DSC_4899

駅に着いて最初に発見したデジタルサイネージはこちら。改札の目の前にあります。
なんと海浜幕張駅では屋根に設置してあるソーラーパネルを使って自家発電などのエコな取り組みをしている駅なのです。詳細はこのデジタルサイネージを見ていただけるとわかると思いますが皆さんは知っていましたか?僕は全く知りませんでした…!

DSC_4890

確認するべく、駅の外に出てみたら本当にありました。見えるだけでも5個あります。なんてエコな駅なのでしょうか!

DSC_4877

興奮してしまいましたが、駅構内に戻ります。改札前にはイオンのデジタルサイネージがあります。デザインもイオン仕様になっているので一目見てわかるようになっています。
このように、外のデザインにこだわるのも訴求力をアップする方法のひとつです。

DSC_4883

改札内にもイベントや店舗を紹介しているサイネージがありました。綺麗な柱も相まって高級感を感じます。

アウトレットを抜けた先には…?

DSC_4835

駅を出てすぐ右側にはなんとアウトレットがあります。アウトレットといえばクルマは必須…かと思いきや幕張のアウトレット違います。本当に駅の目の前にあるからです。

そんなアウトレットのデジタルサイネージを探していると…

DSC_4839

発見しました。このデジタルサイネージはどうやらタッチできるようです。店舗の検索もできるそうですが…

DSC_4840

ゲームをしました。
お父さんお母さんのお買い物に付き合い疲れたお子さんを癒やすデジタルサイネージ。しかし、このサイネージの高さだとお子さんが届かない恐れがあるため、親御さんが抱っこしてゲームをプレイさせてあげることが必要です…!!!

DSC_4876

さて、デジタルサイネージ探しにそろそろ疲れてきたので休憩場所を探していると、公園を発見しました!アウトレットを抜けた先にある幕張海浜公園です。
一見、都会にある小さな公園かと思われがちですが…

DSC_4850

このように、めちゃくちゃ広いのです!まさか海浜幕張にこんな公園があったとは…!

DSC_4872

撮影に徹していた「自然大好きな新隊長」ですが、緑の豊かさに興奮し、「本気で休憩」していたので、下の草を撮るふりをして、激写しました。

これは減給レベルの休憩っぷりだと思います。

DSC_4851

なお、幕張海浜公園には花の時計など綺麗な見どころも沢山あるため「幕張メッセで開催される展示会」等に行った際の昼休憩におすすめです。レッツピクニック!

幕張メッセに向かおう

DSC_4833

休憩も終わり、駅前を通って幕張メッセに向かっている最中に大型サイネージを発見しました。こちらは本のランキング等の、人が興味の湧くコンテンツを放映しています。その名もVISION MAKUHARI。海浜幕張駅のデジタルサイネージを代表するものと言っても過言ではないはずです!

DSC_4823

歩道橋を降りればそこはもう、幕張メッセです。3つ連なったデジタルサイネージを見つけました。
左から順に、本日開催されているイベント・お知らせ・イベントカレンダーとなっています。多くのデジタルサイネージは「同じコンテンツ」を放映することが多いのですが、このようにコンテンツを分けることによって「ユーザーが知りたい情報」を適切に届けています。

これはシンプルながらも効果的な方法だと思いました。

DSC_4820

幕張メッセに到着。調査隊になるまでは、いつもライブや夏フェスでしか来る機会がなかった僕。仕事で来れることに感謝しています。本当に感謝しています。

DSC_4821

横を見ると大型デジタルサイネージを発見しました。幕張メッセの入り口に設置されているため来場者は必ずと言っていいほど目に入ります!
多くのイベントが開かれている広い幕張メッセこそ、ユーザーのためにもデジタルサイネージが必要不可欠だと思います。

多くの人達が来る場所だからこそ、必要になってくるデジタルサイネージ

DSC_4904帰り道に、駅構内にデジタルサイネージを見つけました。

幕張メッセや千葉マリンスタジアムもある海浜幕張駅の1日平均乗降客数は63,225人(2015年度)。イベント目的で訪れることが多い駅であると同時に、様々な企業が本社を構える場所でもあります。

だからこそ、ターゲットに向けてコンテンツを変えられるデジタルサイネージはイベント、野球、そしてビジネスで来る人達にも最適な情報を届けることが可能です。

多様な人達がいる場所には多様なコンテンツを

それをできるのが、デジタルサイネージなのです!

会員登録する
SIPOではデジタルサイネージ業界の最新動向を配信中。
会員登録して、いち早くニュースを受け取りましょう!

「いいね!」で
最新情報をお届け

DSC_4899