1. HOME
  2. 市場動向
  3. デジタルサイネージでニュースも見れる!お洒落タウン、恵比寿駅周辺を調査隊がゆく
2016/08/09

デジタルサイネージでニュースも見れる!お洒落タウン、恵比寿駅周辺を調査隊がゆく

市場動向
  • facebook
  • B!
  • 0
twitter
LINE
373 views
DSC_2404

こんにちは、デジタルサイネージ調査隊、新隊長です。
渋谷新宿池袋と、山手線沿線主要駅のデジタルサイネージを調査してきた調査隊ですが、大切な駅を忘れていました…。

そう、2015年の住みたい街ランキングで吉祥寺を抑え見事1位に輝いた、恵比寿です。
お洒落な飲食店が多く、OLさんにも人気の街恵比寿。

今回はそんな恵比寿駅周辺デジタルサイネージを調査して参りました。

電車を降りると早速デジタルサイネージ!駅構内にはインバウンド対策も?

まず、山手線のホームに降り立つと早速デジタルサイネージが。

DSC_2308

電車の待ち時間に何気なく見つめる線路の向こう側。ここにサイネージを設置すれば、間違いなく多くの人に見られることでしょう。
さらにこの時流れていたコンテンツは駅のホームに関するもの。設置場所を考え、コンテンツを見る人が自分事に置き換えやすい内容となっています。

そして改札を出ると…

DSC_2372

複数の連動型サイネージが。
もはや都会の駅には必ずといってもいいほど設置されているこちらのサイネージ。

DSC_2318のコピー

最新のニュースや

DSC_2322のコピー

天気予報が流れています。
元隊長、もう改札前の連動型サイネージには飽きてしまったのか、いつの間にかサイネージには目もくれず、かわいい女の子を探していました…。

また、改札前では他にも

DSC_2415

多言語対応乗り換え案内を検索できるサイネージを発見。検索したルートは下のプリント口から印刷し、持ち歩けるようです。

DSC_2419

さらにお隣にはFelica機能が搭載された携帯電話を用いて、携帯電話をかざすだけで無料で地図の持ち帰りができるというシステムも。
日本人はもちろん、外国人観光客にとって非常に便利なこれらの取り組み。お洒落なイメージの恵比寿駅ですが、しっかりとインバウンド対策も練られていました。

多数のデジタルサイネージが設置されつつ、お洒落な雰囲気の恵比寿駅西口

構内のサイネージに関心しつつ、駅の西口を出てみると

DSC_2330

駅前のatre(アトレ)に大型サイネージが設置してありました。
主要駅の駅前大型サイネージも、改札前の連動型サイネージと同様、もはや当たり前となってきています。
駅前で、さらにショッピングモールの壁面ともなれば間違いなく多くの人の目に止まることでしょう。

DSC_2331

また、こちらのサイネージでも最新のニュースが流れていました。
新聞、テレビ、スマホにつぐ新しい報道メディアとしても、デジタルサイネージの価値は高まっているようです。

外側にこれだけ大きなデジタルサイネージを設置しているatre(アトレ)。店内にもありそうなので入ってみると…

DSC_2420

エスカレーターの下に3つもデジタルサイネージが。
フロアマップやPRなど、サイネージによって異なる情報がコンテンツとなっていました。

しかし元隊長、左のサイネージのモデルさんに釘付けです…。このモデルさんに商品のPRをされたら間違いなく買ってしまうでしょう。

元隊長をサイネージから引きはがし、atre(アトレ)を出て駅周辺を歩いてみると…

DSC_2351

小さなデジタルサイネージを発見しました。
みなさん見つけられたでしょうか…?





DSC_2349

名古屋発祥のチェーン店でお馴染み、「赤から」のサイネージです。
こちらの画像のあとにはビールのアニメーションや美味しそうな枝豆の写真が流れており、仕事帰りのサラリーマンの心を深く刺すコンテンツとなっていました。

「赤から」のビールに見とれていると、元隊長がいません。あたりを見渡してみると…

DSC_2340

駅前のなんだかお洒落なオブジェの前で写真を撮ってほしそうに立っていました。
ちなみに後ろの緑の照明は

DSC_2342

色が変わるようです。
流石お洒落タウン恵比寿。お洒落なOLさんはこういった場所でデートの待ち合わせをするのでしょうか。

…いいなぁ。

センチメンタルな気分になってしまいしたが、私が愛するものはデジタルサイネージ。
他のサイネージも探してみなくては…。という訳でさらに駅前をうろうろしていると

DSC_2354

お洒落な飲食店の前で発見しました。
美味しそうなお店のメニューとともに、コース内容を説明しているようです。

元隊長はというと

DSC_2358

普通に食品サンプルの方を見ていました。
サイネージ愛が足りません。

DSC_2365

お次は三井住友銀行前のデジタルサイネージ。
本日珍しくサイネージを食い入るように見つめる元隊長ですが…私は知っています。デジタルサイネージではなく、そこに写る吉高由○子さんを見ているのだということを…。

東口もお洒落!そしてデジタルサイネージでより便利に

今度は東口の方にも行ってみましょう。
東口を出ると

DSC_2375

なんだかお洒落な看板が。
元隊長、悲しそうにこの看板を見つめているので心配して声をかけてみると

「今泡の数を数えているの。」

と言っていました。

そっとしておくことにしました。

1人で看板の周りのデジタルサイネージを探していると…

DSC_2378

アウトドアブランドで有名な「mont-bell」の店内から、外のウィンドウから見えるようにサイネージが設置してありました。
アウトドアに出かけたくなるような、綺麗な自然の風景です。
見とれていると、泡を数え終わった元隊長の声が聞こえてきました。

「あ、くまモンだ。」





DSC_2383

くまモンと言うよりもくまでした。

DSC_2386

最後はマクドナルドに設置された大きめのデジタルサイネージ。
メニューが表示されており、並んでいる人や何を食べようか悩んでいる人々がこちらのサイネージを見て考えていました。

マクドナルドでは他店舗でタッチパネルを搭載したサイネージを設置していた事例もあり、そちらのサイネージでは好きな商品をタッチすることで注文ができるようです。こういったシステムが進んで行けば、ファーストフード店のレジに人が立つ光景も減っていくかもしれません。

しかしスマイル0円はできれば店員さんに頼みたいところです。

街の雰囲気を守りつつも、人々の生活をより豊かにするデジタルサイネージ

山手線主要駅で見られた改札前の連動型サイネージや、駅前の大型サイネージは恵比寿駅にも存在していました。
また、駅周辺にはお洒落な景観を邪魔しない程度の便利なデジタルサイネージの数々。住みたい街ランキング1位となったことが充分に納得できる、便利さとお洒落さを兼ね備えています。

街特有の雰囲気を壊さず、必要なところにはデジタルサイネージを設置し、住民の生活をより豊かにしている恵比寿駅周辺。インバウンド対策もしっかりとされており、2020年のオリンピックに向けた理想的な街づくりがされていると言えるではないでしょうか。

これからも色々な街と共存しながら、デジタルサイネージは人々の生活をより便利にしていくことでしょう。

会員登録する
SIPOではデジタルサイネージ業界の最新動向を配信中。
会員登録して、いち早くニュースを受け取りましょう!

「いいね!」で
最新情報をお届け

DSC_2404