1. HOME
  2. 市場動向
  3. 居住者に有益な情報を与える、マンションロビーのデジタルサイネージを調査してきた
2016/09/26

居住者に有益な情報を与える、マンションロビーのデジタルサイネージを調査してきた

市場動向
  • facebook
  • B!
  • 0
twitter
LINE
502 views
DSC_0594

こんにちは。デジタルサイネージ調査隊です。
現在、私、隊員がいるのは品川シーサイドや天王洲アイルなどのベイエリア。ここには商業施設だけではなく、多くのマンションが立ち並んでいます。

沢山の公園や河川が流れ、都内でも比較的多くの自然と触れ合える地域です。だからこそ、自然が好きな私は思っていました。「いつかはこんな所に住んでみたい」と。
とはいえ、現在に至るまで、マンションのロビーに入れる機会さえありませんでした…。

しかし、ある日部長から「どうやらマンションロビーの中にもデジタルサイネージが設置されている場所があるらしい。隊長と共に、どのような感じか見てきてくれないか」と言われ、ついにその機会を得ることができたのです。
というわけで、今回はマンションのロビーあるデジタルサイネージを調査していきたいと思います。

天王洲アイルから歩いて数分の場所にある、憧れのマンション

DSC_0724

今回訪れたマンション名は、諸事情により名前を明かすことはできませんが、天王洲アイル、もしくは品川シーサイド駅から徒歩数分の場所にあるマンションです。
マンションに行く前に、まずはあまり来る機会のない天王洲アイル周辺のスポットを少し回っていきたいと思います。

天王洲アイル周辺にはデジタルサイネージはなかったので周辺を調査!

DSC_0711

…。
いくら探しても、デジタルサイネージが発見出来なかったため、今回は天王洲アイル周辺のスポットを少し紹介していきます。
まず発見したのは船です。これには隊長もご機嫌な様子。
普段、あまり見せない笑顔を振りまいています。服装も天王洲アイルということもあり、爽やかな出で立ちです。

DSC_0606

更に、このようなオシャレなテラスも街中に発見。OLが物思いに耽っているな…と思ったら…隊長でした

DSC_0625

読書や考え事をするにはうってつけのスポットだそうで、隊長もここで今後の調査隊の計画について考えを巡らせていたと言っていました。

DSC_0599

他には、素振り厳禁の野球場や…

DSC_0594

ゆっくりと流れる川など非常にゆっくりとした時間が流れています。
ここまでの記事を読んでいただければ分かったかと思いますが、非常にいい場所です…!!

本当にデジタルサイネージがあるの?立派なマンションに到着

DSC_0590

そうこうしているうちに、マンションに到着。早速、マンションのロビーにあるサイネージを見せていただきました。

DSC_0543

こちらが、ロビーにあるデジタルサイネージです。セキュリティエリア(オートロック内側)に設置されており、居住者の方が外に出る際や帰宅する際に「必ず目に入る場所」においてあります。

写真のように、マンション内で行われているイベントや教室についての情報が放映されているため、居住者の方たちに非常に有益なサイネージとなっています。
マンションに投函される、折込みチラシなどは多くの場合「見られないもの」。その理由として、「自分に関係ないものが多いから」ということが往々にしてあるためです。
だからこそ、このデジタルサイネージのように「自身が住むマンションに関係のある情報」が一定間隔で流されているのは、目をひき記憶に残るのではないでしょうか。

DSC_0558

もちろん、マンション情報だけでなく広告コンテンツも流されています。レンタルキャンピングカーという、マンションならではのセグメントが切られた広告が出稿されていました。

DSC_0552

こちらは、マンション内にあるカフェの情報です。普通に言っていますが、庶民的な調査隊は「マンションの中にカフェがあること」事態に驚いてしまいました。

英会話教室まである!マンション内の施設を見学

DSC_0562

というわけで、デジタルサイネージに流されている情報の真意を確かめるべく、施設を見学していきます。
こちらは英会話教室の会場となるスペース。英会話教室の他にも様々なイベントが行われているそう。

DSC_0564

こちらがマンションに併設されているカフェです。リラックスが出来そうなスペース。雨の日もマンションから出ずに気軽にお茶が出来る…素晴らしいホスピタリティ

DSC_0567

コーヒー以外のメニューも充実しています。

DSC_0572

また、有機野菜の直売もしています。このままいけば、マンション内で買い物から習い事など生活に関わる全てのことが完結出来るようになってしまう日も、そう遠くないと感じました

DSC_0575

カフェの奥にはヨガスタジオやキッズスペースにも使用出来る場所があります。こんな広々としたスペースでご近所の方と触れ合えるならもはや戸建てではなく、マンションに住んだほう
がいいのかもしれない…と思ってしまいました。

DSC_0579

なお、スペースはこのようになっており、共有スペースと居住者しか使用出来ないスペースはしっかりと分けられています。
サイネージで流されていることは間違いなく、事実でした。まさか本当に、こんな充実した施設があるマンションがあるなんて…。

マンションサイネージは有益な情報と広告を届けるいい媒体

DSC_0581

マンションサイネージ調査隊いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介したサイネージは、住んでいない限りなかなか見る機会のないものです。しかし、それは「ターゲットの設定が設置された時点で出来ている」ということも意味します。
お子さんがいる家庭に向け、学習塾やアミューズメント施設、少し贅沢な旅行の提案、更にはシニア層向けの情報まで多くの情報が届けられるマンションサイネージ。広告だけではなく、「その場その場に適した情報」をユーザーの方に与えていくということが、従来の紙では出来ないデジタルサイネージの強みでもあるのです。

その強みを存分に生かすことの出来るマンションサイネージは、これから更に多くの場所に普及していくことでしょう。

会員登録する
SIPOではデジタルサイネージ業界の最新動向を配信中。
会員登録して、いち早くニュースを受け取りましょう!

「いいね!」で
最新情報をお届け

DSC_0594