1. HOME
  2. 市場動向
  3. インバウンド広告を探すべく、新隊長、はるばる京都へゆく
2016/07/05

インバウンド広告を探すべく、新隊長、はるばる京都へゆく

市場動向
  • facebook
  • B!
  • 0
twitter
LINE
320 views
20160523060058

こんにちは、デジタルサイネージ調査隊、新隊長です。
現在私は…

20160523043812

ひとり夜の京都で、初めて自撮りとやらに挑戦しています。

秋葉原の調査隊記事にもあったように、2020年の東京オリンピックに向けて多くの企業が力を入れるインバウンド事業
それに伴い、街の広告やデジタルサイネージもインバウンド化が進んでいます。

しかし、秋葉以外にも海外旅行客が殺到する大切な街を忘れていませんか?
そう、京都です。今回は、外国人観光客に大人気の街、京都の駅周辺にあるデジタルサイネージを調査しにやって参りました。

元隊長は「釣りがしたい…。」という、デジタルサイネージ愛に欠けた理由で今回の調査を断念したので、私、新隊長のソロレポートをお届けします。

改札の中にも!新幹線を降りると、京都の良さをサイネージが教えてくれる!?

新幹線を降り、改札へ向かうと、途中でさっそくデジタルサイネージが。

20160523044045

…できたてのホットドッグ…。
東京から何も食べていない私には素晴らしい訴求力です。

しかし、やはり3度の飯よりデジタルサイネージが好きな私は先を急ぎます。

20160523045632

すると、改札へ行く途中に4面サイネージが。
左側が学生の街、京都ならではの大学案内、右側は住民にも観光客にも有益な情報である、オープンしたばかりの京都鉄道博物館についての広告が載っていました。

早くも4面サイネージに出会え、正直かなりテンションが上がっております。

言語機能は当たり前?京都駅のおもてなしサイネージ

改札をでると、すぐ横にインフォメーションサイネージがありました。

20160523053127

こちらのサイネージ、JRの運行状況や街の地図、観光スポットの情報が載っており、

スクリーンショット(2016-05-23 17.46.26)

なんと5言語対応です。
試しに英語を選択し、使用してみると

スクリーンショット(2016-05-23 17.44.35)

現在の電車の運行状況がしっかりと英語で表示されました。
これ1台あれば、駅員さんが日本語以外を喋ることができなくても、外国人観光客が困ることはありません。
とても優秀なサイネージです。

そして切符売り場の方へ行くと

20160523055853

モニターを用いて、券売機の使い方を外国語の字幕つきで放映していました。
この時の字幕は韓国語でしたが、英語の音声も同時に流れています。
さらに、券売機の使い方は

20160523055832

大きな紙のポスターにもなっていました。
切符の買い方や、電車の路線図や運行状況、さらに街の観光スポットなど、外国人観光客が駅で疑問に思うであろうあらゆる事柄を網羅するサイネージにポスター。京都駅のホスピタリティはとどまることを知りません。

券売機の後ろを振り返ると

スクリーンショット(2016-05-23 18.12.43)

またもや4面サイネージが。
今度は街にあるウェディング会場の情報や

スクリーンショット(2016-05-23 18.13.00)

京都駅の駅ビルにある拉麺街の情報など、観光客はもちろん、住民にとっても役立つ情報が盛りだくさんです。

さらに、辺りを見回すとまだサイネージがありました。

20160523060115

こちらは街の観光施設や、駅ビルにあるレストランの紹介をしており、その横には

20160523060144

またもや英語のポスターが。
詳しく読んでみると、京都駅の駅ビル内にある100のレストランが、多言語で調べられるアプリの紹介のようです。
また、駅の構内図を元に無料で使えるWi-Fiゾーンも合わせて紹介しており、外国人観光客が「このアプリダウンロードしたいケド、ネットが使えないヨ。どうするヨ。」といった状況に陥らないための工夫が見られました。

デジタルサイネージがあれば、ややこしい市バスも困らない!

いたるところに設置された、おもてなしサイネージ&ポスターに感動したところで、そろそろ駅を出てみましょう。
京都市内の移動手段といえば市バスということで、市バス乗り場へ向かいます。

スクリーンショット(2016-05-23 18.35.19)

市バス乗り場へ行く途中、人だかりができていたので混じってみると、突然目の前に光と水、そして音楽のハーモニーが。

こちら、音に連動して水があがる音楽噴水というもののようです。
動画の音楽はかなり渋めですが、私が見たときはオーケストラやジャズ系など、様々な音楽が流れていました。
とても綺麗なので、夜京都駅に行く用事がある際はぜひご覧ください。

しかし、1人だとなかなか寂しいので、カップルかお友達、またはご家族と行くことをおすすめします。
私も寂しい気持ちになってしまったので、早々にその場を去り、本来の目的である市バス乗り場へ…。

様々な系統のバスが入り乱れ、非常に分かりにくい市バス乗り場。
しかしここでもなんと、デジタルサイネージが大活躍していました。

20160523055957

見て下さい、この夜の市バス乗り場で煌々と輝くデジタルサイネージを。
各バスの乗車場所ごとに設置されているので、自分が行きたい方面のバス乗り場を探す際、非常に役立ちます。
さらに英語表記もされているので、外国人観光客も大助かりに違いありません。

また、乗り場案内図の横には

20160523060011 (1)

主に市内の観光情報が流れるデジタルサイネージも。
そして、市バス1日乗車券の販売機の上にも

20160523060029

先ほどのサイネージと同様のものにプラスして、街の観光施設がさらに詳しく紹介されたサイネージが設置されています。
街の景観を大切にした京都では、東京や大阪のように駅前のビルに大型サイネージが設置されていることはありませんが、観光客に寄り添う、お役立ちサイネージを多数見かけることができ、おもてなしの心を感じることができました。

免税情報や街ぐるみのFREE-WIFI情報!駅ビルにもおもてなしサイネージが!?

日中は暑いとはいえまだまだ夜は冷えるこの季節。
駅前のサイネージを調査している内に少々寒くなってきたので、地下に潜りこんでみることにしましょう。

まず始めに訪れたのは京都駅の地下街にあるポルタ
レストランやアパレルショップが並ぶポルタには、ところどころにサイネージも設置されていました。

20160523060511

男女ともに人気のセレクトショップ、URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)の前には大型サイネージが。
お得のセール情報を大々的に宣伝することで、多くの通行人の目を集めていました。

そしてフェミニンなファッションの女子に人気のLOWRYS FARM(ローリーズファーム)には

20160523060421

英語、中国語、韓国語の3カ国語で免税の文字が。
全国チェーンの洋服屋さんにこのようなサイネージが設置されているのは、まさに京都ならではと言えるのではないでしょうか。

最後に、ポルタの隣にある駅ビル、The CUBEにも足を運んでみました。

20160523060243

ビルに入るとさっそく見つけたのはエスカレーターの前にある大きめのサイネージ。
このサイネージには、The CUBEの営業時間や、各店舗の商品情報、宣伝などが流れていました。

そしてまたもや見つけました。外国人観光客向けのサイネージ。

20160523060259

Wi-FiのPRです。
京都市と連携した事業者が提供するこちらのサービス、市内の該当箇所で、誰でも無料で24時間使用することができるのだとか。街ぐるみでインバウンド施策を打っているとは…さすがです。

さらにこちらのサイネージの画面が切り替わると。

20160523060315

KYOTO Wi-Fiの使い方が5言語で表示されます。
駅構内だけでなく、隣接した駅ビルにもおもてなしサイネージは存在していました。

古き良き物を、デジタル技術を使って魅せる街、京都

古くからの日本の文化や歴史的建造物が今もなお残されている、京都。
それらを見にはるばる異国からやってくる外国人観光客が、せっかく日本に興味をもって来たものの、迷子になったり、行きたい場所に行けなかったり、道を聞いても誰も英語を喋ることができなかったら日本を嫌いになってしまうかもしれません。

しかし、古き良き時代のものを迷わずに見てもらうため、また新しい京都の魅力を知ってもらうため、新しい時代のデジタル技術を用いて情報を届ける京都駅周辺のデジタルサイネージ。
これらは、良い物は残し、新しい物も取り入れる、京都の街のよさを生かしたおもてなし方法と言えるでしょう。

これから迎えるオリンピックに向け、都内を始めとする様々な地域でインバウンド施策が始まっていますが、京都の駅周辺のおもてなしサイネージを参考に、外国人観光客が快適な旅を過ごすための手助けとなるようなサイネージが増えていくことを願っています。

会員登録する
SIPOではデジタルサイネージ業界の最新動向を配信中。
会員登録して、いち早くニュースを受け取りましょう!

「いいね!」で
最新情報をお届け

20160523060058